ジャニーズ事務所が元SMAP(スマップ)3人への圧力を否定。テレビ局側の勝手な忖度だった?マスコミが取り上げ出したのもジャニーさんが亡くなった事がきっかけか?

ジャニーズ事務所が、元SMAPの3人(香取慎吾・草なぎ剛・稲垣吾郎)を出演させないようにするためにテレビ局に圧力をかけていたというマスコミ各社の報道について、否定した事が話題になっています。

 ジャニーズ事務所は17日深夜、元SMAPを出演させないようテレビ局に圧力をかけたという報道を、公式サイトで否定した。

引用:yahooニュース

報道によれば、公正取引委員会もジャニーズ事務所に対し、独占禁止法違反につながる恐れがあるとし厳重注意したとの事。

事務所側は圧力について否定していますが、詳細と真偽は?ネットではジャニーズへの不信感の声も多数です。

ジャニーズ事務所が元SMAP(スマップ)3人への圧力を否定。

ジャニーズ事務所の否定文(全文)

 

2019年7月17日報道に関するご報告

弊社が公正取引委員会より独占禁止法違反につながるおそれがあるとして注意を受けたとされる報道につきましてご報告申し上げます。

弊社がテレビ局に圧力などをかけた事実はなく、公正取引委員会からも独占禁止法違反行為があったとして行政処分や警告を受けたものでもありません。とはいえ、このような当局からの調査を受けたことは重く受け止め、今後は誤解を受けないように留意したいと思います。
2019年7月17日
株式会社ジャニーズ事務所

引用:ジャニーズ事務所公式

ジャニーズ事務所の圧力についての報道

稲垣吾郎さん(45)、草なぎ剛さん(45)、香取慎吾さん(42)は17年9月に同事務所との契約を終了し、SMAPの元マネジャーが立ち上げた事務所に移籍した。その前後に、3人が出演する民放番組の打ち切りが相次いでいた。

関係者によると、公取委は、ジャニーズ事務所が民放テレビ局などに3人を出演させないよう圧力をかけた疑いがあるとして調査。その結果、直ちに独禁法に違反する事実は認められなかったが、違反行為につながる恐れがあったと判断した。

注意したのは事務所社長のジャニー喜多川さんが亡くなる前だったという。引用:JIJI.com


稲垣さん、草彅さん、香取さんは翌17年9月、退社し、育ての親である元マネジャーが立ち上げた事務所に所属した。

すると、3人が出演していた民放のレギュラー番組は、次々と打ち切られていった。あれだけ毎日のようにテレビに出演していた3人の姿がテレビから消えてしまった。これも、ファンでなくともテレビ視聴者ならば、「おかしいな」と気づいていたはずだ。引用:毎日新聞

マスコミが取り上げたのはジャニーさんが亡くなった事がきっかけとネットで話題に

ジャニーズ事務所は否定していますが、そこら辺のタレントや俳優よりも3人の人気と需要があったのは事実。

そして、その3人の姿がインターネット上のみの活躍でしか見る事ができなくなったのも事実です。

元SMAPのメンバーでも、ジャニーズ事務所に残った「木村拓哉・中居正広」さんはテレビでも活躍中。

もしジャニーズ事務所の圧力が全くのデマだったとするなら、テレビ局側の古い世代の「勝手な忖度」だとしか考えられない事になりますね。

ネット上でも違和感をぬぐいきれない意見が多数あります。

ネットの声

シークちゃん
これから3人の姿がテレビで見られるようになるかもしれませんね。