【炎上】伊藤悠都議が「コロナを他人に感染させたら罰則」を提案

都民ファーストの会の伊藤悠(ゆう)都議が次の都議会定例会で、新型コロナウイルスについて全国初の罰則付きの条例を議員提案として出すとした事が炎上しています。

この提案の内容は、以下の通り

具体的には新型コロナウイルスに感染した人が、

「就業制限・外出しないことに従わないで、よって、一定人数以上の他人に感染させたときは、行政罰(5万円以下の過料)を科す」

「事業者が特措法24条9項または45条2項に基づく知事の休業要請・時短要請に従わないで、よって、一定人数以上の感染を生じさせたときは、行政罰(5万円以下の過料)。但し、ガイドライン遵守の場合除く」

「事業者が、特措法24条9項の要請に従わないで、かつ、ガイドライン遵守も怠っている場合に、知事は、感染の予防のため、事業者名等を公表できる」引用:fnn

簡単に言うと「感染したとわかっているのにルールを守らず出歩いたりなんかして、複数人にコロナを移すような事をしたら罰金」と言う事だと思います。

コロナ騒動が怒ったばかりの頃は「俺は感染者だ!コロナを移すぞ!」と叫び逮捕されるような人がいましたが、そんな人達は確かにどうにかして欲しいですね。

ただ、移したから犯罪者となると色々と問題にも発展しそうです。

この伊藤悠都議の提案に対し、ネット上では反対の声が大きいようで一部炎上しています。

ネットの声