【千葉】動物園「市原ぞうの国」で象(ゾウ)が2頭死んだ原因(死因)は?症状についても

千葉県市原市にある動物園「市原ぞうの国」でゾウ(象)が2体続けて死ぬという事が起きました。

現在の所では、2頭の象が死んでしまった死因は不明。

こんなに一気に複数の象が体調を崩すのは異例の事のようで、今後解剖などにより原因を追求するという事です。

同園は、タイのゾウ専門医療機関の協力を得て、餌を中心に原因を調査している。引用:読売新聞オンライン

・5月14日に6頭の象が一気に体調を崩す。
症状は「食欲がない」「水が飲めない」「便が出ない」「お腹がはれる」
・園は点滴や投薬などの治療を行う。
・16日2頭が死亡(30歳と35歳の象)

幸いにも他の4頭は回復傾向にあるという事です。

市原ぞうの国からのお知らせ

引用:公式HP

プーリー、ミニスター、他の数頭のゾウたちは、5月14日夕刻より体調不良と食欲不振がみられ、治療を行っておりましたが、このうち、プーリーとミニスターが本日5月16日に亡くなったことをご報告させていただきます。今も他の数頭のゾウたちの治療を24時間体制で行っております。

本日、東光寺ご住職により葬儀を執り行いました。明日、5月17日より献花台を設置させて頂きます。

これまでのプーリー、ミニスターへの皆様の愛情に感謝申し上げます。

また、この度ゾウ達の治療を行うにあたり、動物園関係者・千葉県獣医師会・市原市獣医師会・動物病院の方々から大量の輸液などのご提供を頂きましたこと、心より感謝申し上げます。

プーリーの詳細ページ

プーリー | 市原ぞうの国・サユリワールド/アニマルワンダーリゾウト (zounokuni.com)

ミニスターの詳細ページ

ミニスター | 市原ぞうの国・サユリワールド/アニマルワンダーリゾウト (zounokuni.com)

「市原ぞうの国」の象はつい最近ではTV番組【千鳥の対決旅】にも出演していた

それもあり親近感を感じネット上でも悲しんでいる人が多数いるようです。

« »