インフルエンザの2019年の症状は?大人と子供の対策や予防法についても

2019年が始まり、毎年恒例のインフルエンザが流行する季節が始まりました。

すでに一部地域ではインフルエンザが大流行しており、保育園や幼稚園はもちろん各学校、職場で対策や予防に注意が必要です。

とはいえ、実際にインフルエンザになってみると症状から、本当にインフルエンザなのか?いまいち検査を受けるまでは実感できないものです。

今回は2019年のインフルエンザの症状や、対策や予防法について調査してみました!

インフルエンザの2019年の症状は?

2019年のインフルエンザの主な初期症状は、2018年に引き続き、胃腸炎の症状を起こす事が多いようです。

具体的には、

  • 38度以上の高熱
  • 嘔吐・吐き気
  • 腹痛(下痢)
  • ムカつき

一瞬、ただの胃腸炎や飲み過ぎ食べ過ぎのような症状に襲われる事が多いという事です。

インフルエンザとただの胃腸炎を見分けるのは難しいため、何の原因も思いつかない状態で上記のような症状と発熱が伴う場合、すぐに病院に診察にいき検査を受けるようした方が懸命です。 知らないうちに周囲にインフルエンザを写してしまう可能性があります。

インフルエンザの主な特徴は、それ以外にもみなさん知っている通り、

  • 高熱
  • 関節痛・筋肉痛
  • 倦怠感
  • 悪寒
  • 吐き気

そして、それが1週間近く続きます。

この時期に、38度以上の高熱が出た場合、インフルエンザの可能性が非常に高いので予防接種を受けているからといって慢心せず必ず最寄りの病院に行くようにしましょう。

インフルエンザの2019年の対策は?

インフルエンザに近い症状を感じてしまった時の対策としては、大人も子供も共通です。

2019年のインフルエンザは先述した通り、胃腸炎ベースの症状を伴う場合が多いです。

夜中に嘔吐をしてしまった場合や下痢が続く場合、脱水症状を引き起こしてしまう可能性が高いです。

しかし、だからといって無理して大量の水分を補給しようとしても更なる吐き気を伴い、同じ事になってしまいます。

水分を取らないのはもちろんNGですが、一気に飲もうとしたり無理して飲ませたりしようとせず、少量を小分けで飲むようにしてください。

ただ、脱水症状が進行してしまうとかなり危険な状態になってしまうので、水分を全く取らないというのは本当にNGです。

高熱で水分を取れる状態に無い場合は、すぐに最寄りの病院に行き、点滴などを受けさせてもらえれば症状は緩和します。

タミフルなどの、薬も処方してもらえればすぐに熱も引くため病院にまず行くという事は必須ですね。

インフルエンザの2019年の予防は?

インフルエンザは、

  • くしゃみ
  • つば

などから、放出されたウイルスを鼻により吸い込むことにより、感染します。

他人にうつさないため、自分がうつらないようにするためにもマスクはやはり必須です。

また大気中以外からもインフルエンザが付着したものを触ることにより、鼻や口、目、肌などからインフルエンザに感染することもあるため、外出から帰ってきたあとは、念入りな手洗い、うがいを行うように気をつけましょう。

空気の乾燥もインフルエンザにかかりやすくきっかけになるため、加湿器などを使い湿度を保つことも検討しておいた方がいいでしょう。

寝不足などで抵抗力が弱まっている時は特に注意が必要なので、新年が始まり慌ただしい時期ではありますがしっかりと睡眠と食事を取っておくこともやはり重要です。

インフルエンザ 2019年に対す流世間の反応


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です