【大阪 拳銃強奪】精神障害者保健福祉手帳で飯森裕次郎の責任能力はある?犯行前に計画的に同級生を巻き込みか

2019年6月16日、大阪府吹田市で起きた拳銃強奪事件で、17日午前6時半ごろ、吹田市の北に隣接する箕面市の山中で発見・逮捕された飯森裕次郎容疑者。

その後の警察の調べに対し、「精神疾患」を理由に容疑を否認していることがわかってきました。

警察によりますと、飯森容疑者は調べに対して「私のやったことではありません。私が思うのは病気がひどくなったせいです。周りの人がひどくなったせいです」と供述し、容疑を否認しているということです。

警察によりますと、飯森容疑者は2級の精神障害者保健福祉手帳を持っているということです。

精神障害者保健福祉手帳で飯森裕次郎容疑者の責任能力をとうことはできるのでしょうか?

犯行前に同級生の住所を聞き出していたという犯行前の行動とともに調査しました。

【大阪 拳銃強奪】精神障害者保健福祉手帳で飯森裕次郎の責任能力はある?

飯森容疑者の主張する精神障害者保健福祉手帳2級とはどのようなものなのでしょうか?

2級:(精神障害であって、日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの)

  • 1.統合失調症・・残遺状態又は病状のために人格変化、思考障害、その他の妄想幻覚等の異常体験があるもの
  • 2.気分(感情)障害・・気分、意欲・行動及び思考の障害の病相期に加え、これらが持続したり、頻繁に繰り返すもの
  • 3.非定型精神病・・残遺状態又は病状が前記1、2に準ずるもの
  • 4.てんかん・・頻繁に繰り返す発作もしくは知能障害その他の精神神経症状があるもの
  • 5.中毒精神病・・認知症その他の精神神経症状があるもの
  • 6.器質性精神障害・・記憶障害、遂行機能障害、注意障害、社会的行動障害のいずれかがあり、そのうちひとつ以上が中等度のもの
  • 7.発達障害・・その主症状が高度で、その他の精神神経症状があるもの
  • 8.その他の精神疾患によるものにあっては、上記の1~7に準ずるもの

以上から、書面上は日常生活に支障が出るほどの精神障害がある、と言えるようです。

今後精神鑑定が行われることは間違いなさそうですが、精神障害者保健福祉手帳の認定を含め、虚偽の言動をとっていないかどうかを慎重に判断するべきでしょう。

飯森容疑者の計画性が見られる言動

一方で、犯行前後の行動が明らかになるにつれ、その計画性が明らかになってきています。

これまでの調べによりますと、飯森容疑者は10代のときに吹田市の事件現場の近くに住んでいたことがあるということです。

また、事件の直前に男の声で警察にかかってきた、交番近くで空き巣の被害があったといううその通報は、飯森容疑者が実在する知人の名前をかたってかけていたとみられるということです。

警察は現場に土地勘がある飯森容疑者が知人の名前などを使って計画的に襲撃した疑いがあるとみて、犯行の動機や経緯を詳しく調べることにしています。(引用:NHKニュース)

  • 犯行前日にホテルに宿泊
  • 土地勘のある場所を犯行に選択。
  • 事前に交番付近をうろつき下見をしている。
  • 人通りの少ない早朝の時間帯を狙っている。
  • 「空き巣がでた」と110番通報し、交番を手薄にした状況下で襲撃
  • 通報時、知人の名前を利用している。
  • 犯行後、ショッピングモールで帽子・上下服・靴を購入し、装いを変えている
  • 否認の理由に障害者手帳の存在を挙げている。

犯行前に計画的に同級生を巻き込みか

また、犯行前に同級生50名ほどに連絡し、住所を聞き出す電話をしていたことも明らかになりました。

逮捕された飯森裕次郎容疑者(33)と小学校と中学校で同級生だった男性によりますと、数日前に突然、フェイスブックで、飯森容疑者だという人物から「年賀状を送りたいので住所を教えてほしい」というメッセージが来ました。

・・男性は電話をかけて会話をし、その際、飯森容疑者は「最近、つながりが薄くなっているので濃いつきあいがしたい。年賀状を書こうと思っている」と話していたということです。

会話した際はとくに不審な様子はなく、同じようなメッセージを、同級生50人ぐらいに送ったと話していたということです。(引用:NHKニュース)

情報を聞き出す手口が実に巧妙で、騙された旧友もほとんど違和感を感じなかったようですね。

【朗報】古瀬鈴之佑巡査の容体が快方へ 意識回復も?ネット安堵「ホッとした」大阪府拳銃強奪事件で被害に

2019年6月18日

【大阪 吹田市】拳銃を奪った飯森裕次郎容疑者が逮捕!両親が防犯カメラから画像を特定!現場と事件の状況まとめ

2019年6月17日

「病気を理由に容疑を否認」の犯人に対するネットの反応

ネットの声
精神障害者保健福祉手帳。免罪符でも水戸黄門の印籠でもないわけよ。「手帳を持つことで不利益が生ずることはありません。」とは説明に書かれてるけど、それは「犯罪犯しても見逃しますよ」「罪軽くなりますよ又は無罪になりますよ」じゃないんだよ。なんだかなぁって事件で取り上げられるたび思う。
ネットの声
吹田の犯人は「病気がひどくなったせいだ」と供述している時点で計画的だよ。自分のこと理解してんじゃん。精神障害者保健福祉手帳2級持ってるから精神状態についても慎重に調べる?そんなもん俺だって持ってるよ。そもそも人を殺める時点で精神的にヤバいんだって。
ネットの声
文面だけ見ると2級はそれなりに重そうかなぁという印象
ネットの声
偽装の空き巣電話入れて、 交番を手薄にしてから警官刺して拳銃奪うくらいの計画犯行が「私はやってない病気が酷くなった」で精神障害者保健福祉手帳を出したら無罪になりかねないってもう防ぐのどうしようもないな。無敵状態かよ。
シークちゃん
手帳所有者の方々の名誉のためにも、警察には飯森容疑者の嘘を見極めてもらいたいですね!

最新の話題