藤田みき(立憲民主党候補 富岡市)の評判やプロフと経歴は?乗馬クラブへの騒音から謝罪でtwitterで話題に

立憲民主党の立候補者 藤田みきさんが、選挙演説の際に、乗馬クラブに配慮のない爆音の演説をしたとして、批判があり、そのツイート対して謝罪した事が話題になっています。

今回話題になったのは上記のツイートの一連の流れ。

乗馬クラブ利用者(?)からの訴えのツイートに対し、真摯に謝罪する姿勢は好評のようです。

それでは、今回話題になった藤田みきさんとは一体どのような人なのでしょうか?プロフや経歴、評判が気になります。

藤田みき(立憲民主党)のプロフィールと経歴

引用:twitter

  • 生年月日:1979年11月18日(39歳)
  • 現担当:立憲民主党 富里政策担当
  • 職歴:元衆議院議員公設秘書
  • 出身大学:東邦音楽大学作曲科卒業
  • 出身高校:自由の森学園高等学校卒業
  • 座右の銘:多様性の本質は可能性の模索ゆえに否定は最後の武器

 


 

藤田みきさんは、元衆議院の公設秘書をしていた方です。

公設秘書とは、

公設秘書(こうせつひしょ)とは、個人給与を国費で負担する国会議員秘書(身分は国家公務員特別職)のこと

上記のように、身分的には公務員として秘書を仕事をしていた方になります。

高校は、ミュージシャンの星野源さん等も卒業生としている埼玉県にある、自由の森学園高等学校を卒業。(偏差値:49)

脇道にそれますが、年齢的にも星野源さん在学時に同じ高校に通っていた先輩でもありそうです。

大学は、同じく埼玉県の東邦音楽大学を卒業。(偏差値43)

学部は、作曲専攻 音楽学部声楽学科と頭脳明晰の大学を卒業したエリートとは言えないようですが、音楽専攻の芸術家タイプだというのはわかります。

大学卒業後は、一般社会法人「はじめてピアノの会」講師 の仕事に。

主に高齢者達にピアノを教える仕事をしており、その後、立憲民主党の宮川伸さんの公設秘書となります。

宮川伸

なぜ、ピアノ講師から、衆議院の公設秘書となる事ができたのか、経緯は不明ですが、高齢者に対してピアノを教えていたという実績や人気ぶりから、選挙に有利な要員として抜擢されたという所も大きくあるかもしれませんね。

また、twitterのツイートを見る感じでは、かなり活発で活動的なタイプのようで、表情豊かでまっすぐに見え、高齢者好きされそうな人物のようにも見えます。

今回の乗馬クラブの一連の騒動では、以下のような謝罪ツイートを公開。

素直に謝れる態度に好感をもったという人達も多くいるようです。

藤田みきの評判は?

そして、今回の件も含めて、真摯な謝罪の姿勢に好感を持った人達もおおくいるようで、評判は今の所上々。

クレームによりtwitter上に名前を轟かせる事になってしまいましたが、真摯に謝る姿勢にはそれがたとえ戦略であっても爽やかさに好感を持っている人が多数のようです。 そのほかにも藤田みきさんに対する悪評などは、ネット上にも情報がないため、政治家にしては真っ直ぐに実直に頑張っている人で人柄の良さも伺えますね。

言い訳をせずに、しっかりと非を認める事により、プラスのイメージが付くという良いお手本になった藤田みきさんですが、今後の活躍にも期待したい所です。

藤田みきに対する世間の反応