堀ちえみの癌(舌がん)は完治で再発や抗がん剤治療は無い?手術成功で祝福の声も多数

2019年3月9日、堀ちえみさんが自身が患っていた癌(口腔がん)の手術が成功した事を報告し話題になっています。

堀ちえみさんは自身のブログで「今回の手術でがんは全て取り切れた!という事です」と報告。

加えて「退院までにリハビリを、一生懸命に頑張るしかありません。」と元気な声を聞かせてくれたようです。

手術成功という事ですが、ステージ4まで進行していた堀ちえみさんの癌。完全に完治して元気な姿がすぐに見る事ができるのでしょうか?

堀ちえみの癌(口腔がん)は完治?抗がん剤治療は?

出典:https://goo.gl/images/cXQEbT

今回、手術が大成功に終わった堀ちえみさん。これで完全に癌が完治したのでしょうか?

堀ちえみさんが癌を公表した時の病状は、

  • ステージ4の口腔がん
  • 左首のリンパ節にも転移が見られていた

ステージ4は、癌の進行度でも最も信仰が進んでしまっている状態。とても深刻な状況でした。

ステージ4の口腔がんの5年生存率は45.1%

出典:http://nakatsugawa-hp.jp/shinryo/images/koku_img004.jpg

肺がんのステージ4の5年生存率4.6%に比べると良くなる確率の高い癌ではあります。

それぞれの病状により状況は違うので一概には言えませんが、一般の癌の症例と照らし合わせると、今回手術が成功した堀ちえみさんですが、これで完全に「癌が完治」したというわけではありません。

堀ちえみさんの癌の症状はかなり進行の進んだステージ4の癌。

リンパ節にまで転移していたという事なので、肉眼で見る限りには完全に癌を取り除けたのだと思いますが、リンパにまで転移すると肉眼では取り除けていても、見えない所にまだ癌が残っている可能性もあります。

癌を患った人により、症状は違うので一概には言えませんが、堀ちえみさんはこれからリハビリと交えて、手術で肉眼的にはきれいにとりきれた場合にも行う術後補助化学療法(抗がん剤治療)を行う可能性が高いのでは無いかと思われます。

手術で肉眼では綺麗に取りきれた場合でも、目に見えない・検査でもわからないぐらいの小さながん(微小転移)が残っている場合があります。こうした微小転移が存在すると仮定して、これに対して行う化学療法を術後補助化学療法と呼ぶ。

出典:https://www.med.nagoya-u.ac.jp/surgery2/clinical/digestive/anti/necessity/

リンパまで転移していると、目には見えない小さな癌が残っている場合があります。

残っているかもしれないし、残っていないかもしれませんが、これを確実に取り除くための「抗がん剤治療」をおこなっていくわけですね。

今回の手術成功は、「医師の肉眼の範囲で取り切れた」という事になり、細胞レベルではどうなっているかわからず、まだまだ予断は許されない状況ではあるという事です。

yahooコメント
師の肉眼で確認できる範囲でとりきれたと言うこと。細胞レベルでどうなっているかは神のみぞ知るところ。私が術後執刀医に言われた言葉です。そもそも癌細胞は健康体にも1日数千個発生しているが免疫で撃退している。
だったら残存癌細胞も同様の理屈でいけば撃退できる。私は様々な方法で自分の自己免疫を高め、術後14年を数えます。
yahooコメント
私も術後4年ですが、取りきれた、抗がん剤治療をした、とはいえ、いまだに再発の不安が拭えません。だからこそちえみさんには頑張って欲しいです。彼女が元気で完解してくれることが勇気にもなります。

まだまだ、実際には不安の拭えない状況でもあるのにも関わらず、まずは最初の一歩を元気な姿で報告してくれる堀ちえみさんには、ネット上での同じような状況を体験している人たちにも勇気と元気を与えてくれているようでうs。

まずは第一歩の手術の大成功。本当に嬉しいニュースです。

これから、厳しいリハビリと長い闘病が続いていくわけですが、堀ちえみさんを見ているとステージ4の癌だとしても完全に完治させて元気な姿を見せてくれるような気がします。

またテレビの中で、「完治しました!」と、元気な姿を見せてくれる日を期待したいですね^^!

堀ちえみの手術成功に対する世間の反応

最新の話題