【炎上まとめ】映画秘宝の岩田和明編集長が恫喝DMで辞任と退社

月刊映画誌『映画秘宝』の岩田和明編集長が編集長職を辞任→自主退社した事が話題になっています。

月刊映画誌『映画秘宝』の岩田和明編集長が、一般の個人に向けてSNS上で悪質なメッセージを送った問題で、制作元の「合同会社オフィス秘宝」(東京都新宿区)は2021年2月2日、岩田氏が編集長職を辞任するとともに自主退社したと発表した。引用:jcastニュース

内容を簡単にまとめてくれているツイートがありました。

1月17日〜

1、一般人女性がラジオ番組について悪口ツイート

2、岩田和明編集長(映画秘宝アカウント)が女性にDMで長文。(下記)

「突然、たいへん失礼いたします。今、心の底から深く深く心が傷付き、胸が張り裂けそうなほど大きなショックを受けて、死にたいです。私は、『俺たちの~』も『ポンコツ』も、いちども言ったこととがありません。純粋な悪口ということでしたら、これは誹謗中傷でしょうか。いま、胸が締め付けられるほど苦しくて、呼吸が乱れており、壊れそうなほど深く心が傷付き、あまりのショックの大きさから、何も手が付けられない状態にいます。死にたい」(原文)

3、女性が岩田編集長からの長文DMを晒し、映画秘宝の発行元の双葉社に問い合わせると、岩田編集長から電話がかかり謝罪。(女性の個人情報が編集長に伝わった?)

受け取ったユーザーによれば、発行元の双葉社にDMの内容について問い合わせたところ、DMを送った岩田氏本人から電話があり、謝罪を受けたという。引用:jcastニュース

4、事態が拡散しSNS上で大炎上。

1月25日〜 謝罪

事の経緯とそれについての謝罪。

  1. 全て、岩田編集長の完全単独行動である。
  2. 動機は過労の中で、悪口ツイートに頭に血が上ってしまったため。
  3. 被害者には再発防止を前提に謝罪を受け入れてもらった。
  4. 岩田はツイッター管理から離れ、さらなる処遇については、改めて報告。

1月26日〜 会社より正式な説明

2月2日

本人から編集長を辞任、合同会社オフィス秘宝を退社を申し出。オフィス秘宝は受理。

今回の事件の究明にむけて努力を続け、再発防止に取り組む。

いつもシェアありがとうございます!
目次
閉じる