羽鳥アナが声が出ない原因は病気?病名や治療や手術の必要は?モーニングショー降板の可能性についても

朝の番組でお馴染みの「羽鳥慎一モーニングショー」を欠席し、自ら「声が出ない」ことを吐露した羽鳥慎一アナに対し、心配の声が上がっています。

アナウンサーが体調不良で番組を欠席することは業界でもまれなこと。

羽鳥アナ自身も今後に対し「私はどうやって生きていけばいいのでしょうか」と深刻な様子で、見過ごせません。

声が出ない原因は病気なのでしょうか?病名や治療や手術の必要は?そして、モーニングショー降板の可能性についても調べました!

羽鳥アナが声が出ない原因は病気?病名や治療や手術の必要は?

声が出ない原因はストレス?治療方法は?

現在数々の司会番組を持ち、アナウンサー業に止まらず演技面でも活躍している羽鳥アナの現在の年収は2億を超えると言われています。

それだけに抱えるプレッシャーも大きいでしょう。また、フリーで活躍しながら成功を納めている裏では、妬みや反感を持つ敵も作りやすいというデメリットがあります。

そうした中で「毎日」当たり前のように求められた仕事をこなすのは、アナウンサー歴の長い羽鳥アナでもストレスを感じることだろうと想像できます。

ストレスが原因であれば、リフレッシュを行うことがもっとも効果的。

年末年始の多忙な時期を終え、どこかで休養を取ることができれば早期回復の見込みは持てそうです。

声が出ない原因は病気?治療方法は?

実はアナウンサーや歌手、声優さん他、声やトークを売りにしている方々の間では声の出しすぎが原因による「声帯結節」や「急性声帯炎」や「声帯ポリープ」などの病気を発症する人が多いそうです。

例えばフリーアナウンサーの高橋真麻さんは「急性声帯炎」にかかった時期があり、その際は急いで喉をあたためるなどの応急措置をとって、仕事を強行したのだとか。

また数々の番組MCを務める中居正弘さんは「喉頭がん」の疑いで声帯ポリープの手術を行なった過去があります。

「声帯ポリープ」・「声帯結節」の場合、投薬による温存方法と手術による摘出方法がありますが、喉を酷使する人は安静期間を取ることができない場合症状を悪化させやすく、手術が必要になるケースもままあります。

その場合、術後は約5日の禁声期間をとり、23週間かけて通常の声の使用に戻して行くそうです。

あくまでこれは一般の人の目安になりますが、、アナウンサー業をされている人も復帰を急ぐ場合が多く、およそ2週間ほどの休養にとどめるのではないかと思われます。

 出典:https://kyun2-girls.com

実際、過去に「とくダネ!」の笠井信輔アナが声帯ポリープ手術で一時休養した際もおよそ半月ほどで復帰を果たしました。

ただし、フリーアナウンサーはセルフマネジメントである以上、責任の大きさはサラリーマン以上です。もし仮に手術が必要であっても容易には休むことができないのが実情。

羽鳥アナは昨年11月にも体調不良で番組を2日欠席しており、関連性はわからないもののこれ以上「声が出ない」ことが続くことは避けたいと思うでしょう。

現在は「原因不明」としていますが、今後原因を突き止めて、治療をしていくことが予想されますね^^

羽鳥アナが声が出ないことでモーニングショー降板の可能性はある?

昨日の欠席の謝罪の中では、「昨日お休みしまして本当にすみませんでした」と謝罪した上で、体調不良について「私もよく分かりません。急に声が出なくなるというですね。私はどうやって生きていけばいいのでしょうか」と明かしました。

今現在は不安でいっぱいのようですが、羽鳥アナの活動の進退を決めるのは今後わかる原因次第かもしれません。

あまり原因不明の症状での欠席が続けば、アナウンサーとしての信頼も落ちてしまいますし、何より喉へのダメージが心配されます。早々に原因の究明が必要ですね。

仮に声帯のポリープ等で手術が必要であっても、治療で改善することができれば最短で2週間の急用で復帰することができます。

羽鳥アナのアナウンサーの功績を考えれば、自己管理力を厳しく問われるフリーアナウンサーであってもテレビ局側が降板を求めることはまずないでしょう。

あとは羽鳥アナの精神力にかかっているように思います。

今後の羽鳥アナの完全復帰を応援しましょう!!

羽鳥アナが声が出ないことに対する世間の反応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です