【手取り30万】阪急電鉄の中吊り広告がTwitterで炎上中!『「はたらく言葉」に吐き気』

阪急電鉄が「はたらく言葉」として車内に掲載している「中吊り広告」がtwitter上で炎上しています。

炎上しているのは「30万だけど」という言葉。

引用:twitter

詳細やネットの反応は⬇️から

【手取り30万】阪急電鉄の中吊り広告

ネットの反応を見てみると、

『「30万円以下の月収」で働いている中、月収30万円が低い基準だと言われている言葉に嫌気がさす。』

という意見が多数。

阪急電鉄は6月10日で広告をとりやめることを決めたようです。

阪急電鉄は「通勤や通学利用が多く、働く人々を応援したいという意図で企画した。社内で掲載文を選ぶ過程で、不愉快な思いをさせてしまうかもしれないという指摘や懸念はまったくなかった」と説明。30日までの掲載予定だったが、前倒しで広告の中止を決定し、「配慮が足りず、結果として不適切な表現があり、申し訳なく思っている」

引用:yahooニュース

阪急電鉄の年収。。

また、阪急電鉄の平均年収が830万円である事も、「嫌味としか取れない」という意見につながってもいるようです。

出典:東洋経済ONLINE

阪急電鉄「はたらく言葉」キャンペーンについて

「はたらく言葉たち」 公式HP

この中吊りシリーズは、企業のブランディング等を手掛ける株式会社PARADOX(パラドックス)が15年間に渡り行った企業への取材の中で、「自らの志を磨きながら、周りの人々と自身の人生を豊かにしていく働き方」を体現する一般の人々の言葉を集めた語録『はたらく言葉たち』の中から、一部を抜き出したもので6月1日から掲示をスタート。

出典:MAG2NEWS

株式会社PARADOXについて

会社概要

飽くなき成長意欲を持ち、独自の社会貢献を追求する。
それがパラドックスが掲げる“志”の定義です。
この2つを併せ持つ人と組織が向き合う課題に対し
本質的なアイデアによって手段にとらわれない解決策を提案していきます。

事業内容

  •  企業のDNAを踏まえた理念構築、浸透策などのインナーブランディング、
    広告およびクリエイティブツールの企画制作・イメージ統一
  • 採用コンセプトの構築とそれらをもとにした戦略構築 (採用ブランディング)
  • 広報戦略にもとづいた販促計画及び広告制作(商品・サービス、カスタマーブランディング)
  • 事業ビジョンやコンセプト、戦略の構築
  • コーポレートブランディング領域(企業理念やビジョンの言語化・ロゴマーク・スローガン・ステーショナリー等)
  • グラフィック領域(広告・DM・会社案内・入社案内・IRレポート・ポスター等)
  • Web領域(コーポレートサイト・採用サイト・バナー等)
  • 映像領域(CM・会社案内ビデオ、入社案内ビデオ等)

引用:株式会社PARADOX ホームページURL

【ゆるい広告w】広島電鉄の中吊り広告「ちんちんぶらぶら」が阪急電鉄の「はたらく言葉」と対比されて笑えるww

2019年6月12日

【優しい広告】西武線の中吊り広告「コウペンちゃん X 西武鉄道」が阪急電鉄の広告と比べて神すぎると話題

2019年6月11日

株式会社PARADOX(パラドックス)社長 鈴木猛之のプロフや経歴は?阪急電鉄の中吊り広告とコラボの「はたらく言葉たち」で話題

2019年6月11日

ネットの反応

シークちゃん
広告を見るであろう人の目線に合わせられないセンスの悪さが致命的ですね。

最新の話題