FNS歌謡祭の浜崎あゆみのyoutube動画は?宇多田ヒカルを歌った理由や口パク加工疑惑も

フジテレビの歌の祭典、「2018 FNS歌謡祭」で、歌手の浜崎あゆみさんが宇多田ヒカルさんの歌を披露した事が話題になっています。

浜崎あゆみさんといえば、年齢40にして、日本の歌手会の大御所。

そんな「あゆ」こと、浜崎あゆみさんがライバルといってもいい、宇多田ヒカルさんの歌を歌うのは前代未聞の事で、視聴者は大きな驚きを見せたようです。

そのFNS歌謡祭で浜崎あゆみさんが歌った動画のyoutube等での見逃し配信はあるのでしょうか?

宇多田ヒカルさんの歌を歌った理由や2人の関係性についても気になるところです。

関連記事→FNS歌謡祭の第2夜のyoutubeの無料のフル動画や画像はある?ネットでの見逃し配信や感想も

FNS歌謡祭の浜崎あゆみの宇多田ヒカルの歌のyoutube動画は?

今回、FNS歌謡祭で歌った浜崎あゆみさんの宇多田ヒカルさんの歌は、Movin’on without you

そしてその動画がこちらです。


残念ながら、著作権上の関係でテレビの生音での動画しかありませんでした。少し見にくいかもしれません。

浜崎あゆみさんのファンなら、ご本人の歌を聞きたかった所でしょうし、ネット上でも歴代のメドレーを聞きたかった等の声も出てきているようです。

今回、浜崎あゆみさんが宇多田ヒカルさんの楽曲を選んだ理由と真相は一体なぜだったのでしょうか?

FNS歌謡祭の浜崎あゆみが宇多田ヒカルを歌った理由は?

出典:twitter

今回のFNS歌謡祭で浜崎あゆみさんが歌うにあたって、宇多田ヒカルさんの楽曲を選曲した理由を、浜崎さんは

【宇多田ヒカルちゃんとのリリースタイミングが近かったりしたという理由で当時よく耳にしていた思い出のある「Movin’on without you」をチョイスさせていただきました。今でもこの曲を聞くとあの頃の日々が鮮明に蘇ります】

とコメント。

しかし、FNS歌謡祭でほとんどの出演アーティストが自身の楽曲を歌う中で、浜崎あゆみさんのこのタイミングでのこの選曲には若干違和感を感じずにはいられません。

視聴者のほとんどが浜崎あゆみさんの今回のステージに求めるものも、あゆの新曲とは言わないまでも、歴代の曲だったりそのメドレーだったりを聞きたかったはず。

出典:twitter

ネット上ではこの理由に違和感を感じる人も多かったようです。

  • 名曲を打ち込みで誤魔化した感じがしたのは気のせいか。
  • あゆメドレーとか聴きたいとは思ったけど デビュー当時の声は出せないから 宇多田の曲を歌ったような気がする。
  • 宇多田の曲をすでにカバーして歌っているのだから不思議ではないが何故この場で宇多田を選んだのかはよく分からない。
  • あゆらしさはあるけれど、あゆのよさは出てなかったような…
    あゆ自身の素晴らしい楽曲があるのだから自身の楽曲を披露した方が良かったと思う。

などと、辛辣なコメントが多数。

今回、自身の歌を歌わなかった理由の本当の所はわかりませんが、前回の出演で自身の歌を歌った所、その際にもネット上でも多くの「劣化した」バッシングを受けてしまいました。

実際、高い声で若い頃に人気を得たアーティストはなかなかその声を維持するのは難しく、老化によって声が出なくなり実質的に劣化してしまうという事があるようです。

そして浜崎あゆみさんは現在片耳の音がほとんど聞こえない病気にもかかっているらしく、音程も取りにくいとの事。

今回、浜崎あゆみさんが宇多田ヒカルさんの楽曲を歌った理由も、当時のファンや期待している人たちをがっかりさせない配慮のために比較的バックの音が多く、ごまかしのきく「Movin’on without you」を歌ったのかもしれませんね。

FNS歌謡祭の浜崎あゆみの歌は口パクで加工?

出典:twitter

そして、今回の歌声に関しても「生歌じゃなくて録音でしかも声も加工していた」という批判も出ているようです。

そのコメントの一部は、

  • 多分歌ってないかな。口ぱくかな?事前に録音して修正してる感
  • 歌も口パクっぽかったけど。自分の歌もろくに歌えないのに、人の歌を歌うのは無理がある。
  • 容姿は綺麗になっていて、ほっとした。歌は機械でいじりすぎ。地声で勝負してほしかった。半分残念。
  • かなりバックからの音が強かったっすね。歌ってたのは、ちょこっと…

などなど、厳しい意見がほとんどを占めています。

今回のFNS歌謡祭は基本的に生放送なのですが、浜崎あゆみさんは生放送ではなく、録画だったという事も含めて、ネット上では「口パク」「加工」の言葉で溢れてしまっています。

この辺の真偽も一般人が聞いているだけではわかりにくい所になりますが、聴く人が聞けばすぐにわかる事らしく、実際に歌っていた部分も音の加工はされていたようです。 ただ、ライブではともかく、テレビ番組では、口パクや加工はかなり当たり前にある事。

ここら辺は、浜崎あゆみさんが出演している事に価値を感じる人も多く、それ自体がエンタメとして成立している事だと暖かく見るのが正解だと思って楽しむしかなさそうですね。

浜崎あゆみの声が劣化?

出典:twitter

年齢を重ねるにつれて、若い頃のパフォーマンスが発揮できなくなり、全盛期のイメージを持っているファンをがっかりさせてしまう事になっていくのは仕方ない事ではあります。

浜崎あゆみさん自身も前回は生歌を劣化してしまっている事をがっかりさせてしまう事を理解しているであろうながら堂々と披露してくれました。

ちなみにFNS歌謡祭2018夏の動画はこちら。

そこで多くの批判的な大衆の声が出てしまったわけですが、やはりここまで日本を代表する大御所のアーティストになってしまえば、色々な大人の事情で皆の期待を維持しなくてはいけないのだとは思います。

今回の宇多田ヒカルさんの歌を歌ったり、声をある程度加工したのも、色々な試行錯誤の末の視聴者の期待を裏切らない配慮であったのかもしれませんね。

同世代の安室奈美恵さんは十分なパフォーマンスができくなってしまったから、引退する。

という事で芸能界から姿を消してしまいましたが、浜崎あゆみさんは現在も現在も現役で活躍中

このどちらがいいというものでもありませんが、どちらも苦渋の決断であるのには変わりはない事だと思います。

これからも新しい事をしてファンを楽しませてくれるはず!まだまだ活躍にも期待していきたい所です!!

FNS歌謡祭の浜崎あゆみの歌に関するファンの反応