エスパー伊東の股関節の病気の名前や症状は?芸術家としての作品や年収と今後についても

芸人のエスパー伊東さんが、病気(怪我)により、芸人を引退するという事が話題になっています。

今回の引退の理由は、兼ねてから病んでいたという股関節の病気の症状がかなり深刻になってきたからというもの。

芸をするのもままならず、実家に帰り、これからは手術も検討しているようです。

芸人を辞めざるをえないほどの股関節の病気の名前と症状は一体どのようなものなのでしょうか?

引退後は芸術家として暮らしていくという事ですが、その作品や年収と今後の活動についても気になります。

エスパー伊東の股関節の病気の名前や症状は?

出典:https://goo.gl/images/Xi5PzY

今回、残念な事に芸人を引退する事になってしまったエスパー伊東さんの股関節の病気の名前ですが、2017年の4月時点でエスパー伊東さん本人が、「股関節変形症なんで。生まれつきなんで」

という、発言をしています。

この、股関節変形症という名前の病気はそもそも無いのですが、多分「変形性股関節症」の事では無いかと思われます。

「変形性股関節症」とは

股関節に限らず変形性関節症というのは、関節の軟骨が摩耗して骨に変形をきたす病気です。変形性股関節症の主な特徴としては、関節の痛みや動きの制限、両足の長さの違い、それによる歩きにくさ、というようなことがあげられます。

出典:https://www.kansetsu-itai.com/doctor/doc066.php

上記の通り、関節部分の軟骨が磨耗してしまい、骨が変形してしまう病気。

磨耗というと、エスパー伊東さんが発言している通りの「生まれつき」は違うんじゃ?

と思いがちですが、臼蓋形成不全などで生まれついて股関節の傷みやすい人や小児期に股関節の病気をされた人はある程度の年齢になってきた時に発症してしまう病気らしいのです。

エスパー伊東さんは、生まれつき股関節が傷みやすい骨の構造をしてた上、体を酷使する仕事であった事から57歳という年齢にして、かなりの重体になってしまったという事が今回の引退の理由かと思われます。

現在の症状は、思うように歩けないのに加え、傷みのせいからかトークに関してもうまくできない状態にあるとか。

エスパー伊東の病気は手術で復帰はある?

出典:https://goo.gl/images/Xi5PzY

実家の神奈川県真鶴町に戻り、手術も検討しているエスパー伊東さんですが、

この「変形性股関節症」の手術には

  • 骨切り術
  • 人工股関節全置換術

の2つが多くの場合の方法になるようです。

その中でも、変形が大きく進んでしまった人には、骨切り術は難しく、エスパー伊東さんの57歳という年齢と、引退せざるを得なくなるほどの進行状況を考えると、人工股関節全置換術がエスパー伊東さんの手術内容になってくると思われます。

この人工股関節全置換術は、その名の通り、人この股関節に置き換える手術になり、破損や磨耗のリスクも付きまといます。

もしエスパー伊東さんがこの手術を受ける事になるなら、現在のように体を酷使する活動は難しい事から芸人の復帰はほぼ100%不可能になってくると思われます。

もう、芸人としてのエスパー伊東さんを見る事ができなくなってしまうというのは悲しい事ですが、今後の活動として現在も続けている芸術家としの道を進むとのこと。

エスパー伊東さんが芸術家としての活動をしているという事は知らない人も多いと思いますが、今回はそんなエスパー伊東さんの作品についても紹介したいと思います。

エスパー伊東の芸術家としての作品は?

まずはエスパー伊東さんの芸術家としての作品の画像を紹介します。

出典:https://moneytalk.tokyo/entertainment/7205

この2つは実際にエスパー伊東さんが書いた作品で、上の魚の絵は、エスパー伊東さんが30年も前の20代の頃に書いた作品で、魚図鑑にも掲載されている作品になるのだとか。

あまりにも上手な絵に驚きますが、エスパー伊東さんは若い頃は、漫画家になるのが夢だったらしく、漫画家のアシスタントをしていた時期もあったようです。

上記の絵は、エスパー伊東さんが自身のブログにアップしていた子供の頃に書いた漫画の絵らしく、子供としてはクオリティが高く、小さい頃から絵が得意だっという事がわかりますね。

何度か、「少年ジャンプ」に応募した事もある過去もあったようですが、幾度となく落選。漫画家への道はそんなに甘くなかったようです。

現在では、舞台の営業などで、年収2000万円を超えるというエスパー伊東さん。

今後、芸人としての今までの楽しい芸は見る事はできなくなりますが、芸術家として色々な場所でエスパー伊東さんの作品を見る機会があるかもしれません。 個展などの開催もあり得ない事ではないので今後の活動にも期待したいですね^^

エスパー伊東の病気での引退についての世間の反応