防災グッズのおすすめは?最低限で必要なものや赤ちゃん連れに安心のアイテムも

9月1日は防災の日!今回は防災グッズのおすすめについて調査してみました。

いつ起こるか分からない災害に備えて、各家庭で防災グッズを準備しておくのは必須ですよね。支援物資があるとは言え、自分の身は自分達で守らなければなりません。

いざと言う時に慌てない為にも、あると役立つ防災グッズや、絶対に必要な防災グッズ、赤ちゃん連れの時に安心の防災グッズをご紹介していこうと思います♪

防災グッズのおすすめは?

防災グッズと言っても、基本的な物以外に実際に体験してみないと何が必要か分からない‥と言う人も多いですよね。むやみに準備してしまっても、避難する際に邪魔になってしまう可能性もあります。

基本的に必要なものは後ほどご紹介しますが、ここではあると役立つ防災グッズについてご紹介していこうと思います♪

あると役立つ防災グッズ:清潔グッズ

まずは清潔グッズです。欠かせないモノの中にも入りますが、今回はより便利に使えるアイテムをご紹介します。

汗もかくし、環境の悪い中で寝なくてはならない場合も想定し、身体の不快感はかなりストレスになってしまいます。

髪や身体、口内が清潔になれば、少しはリフレッシュできるかもしれないので、持っておくと便利ですよ!

・ドライシャンプー

 

その名の通り、水なしで洗えるシャンプーです。水も飲む分しかなくなった場合にも、ドライシャンプーがあれば水なしで髪の毛を洗う事ができます。

頭皮と髪にスプレーで吹きかけて、普通にシャンプーするときのように揉みこんで拭くだけです。

スッキリとした洗い上がりになり、汗や皮脂の匂いも取れるようですね♪災害時以外でも使えるので、常備しておいても良いアイテムです。

・水なし歯ブラシ

 

お次も水なし、歯磨き粉無しで歯を磨ける歯ブラシです。

ローリーブラッシュと言う商品で、こちらを口の中に入れて舌でコロコロ転がすだけで汚れを取ってくれてスッキリすると言う優れものです。

サイズも口に入る大きさなのでかさばらず、6個1セットになっているので1つ入れておくだけでも安心です。使い捨てにはなりますが、1度でも口内をリフレッシュできると気分も変わるのではないでしょうか。

・ウエットシート

 

最後は身体を拭く用のウエットシートです。お風呂に入浴出来れば汚れもすぐに落ちますが、水のない場合にはそうはいきません。

このウエットシートは洗浄成分も含まれている為に、汚れや皮脂を落としてくれる効果もあります。

特に、夏場や汗をかきやすい人にはオススメのアイテムですね!

あると役立つ防災グッズ:保温シート

お次は保温シートです。冬場に、体温調整がまだ難しい赤ちゃんがいる場合にもオススメしたいアイテムです。

避難所や家の中でも、電気が止まってしまうと暖房をつける事も困難で、毛布を何枚も被せて重くするわけにも行かない時には、保温シートがとても役立ちます。

更に、小型なので荷物でかさばる事もなく持っていく事ができますよ!

あると役立つ防災グッズ:ライト

お次はライトです。電気が止まっていると、暗闇の中で過ごす事になります。

携帯の光もありますが、バッテリーが切れてしまうと連絡も取れなくなってしまう為出来る限り使わない事をオススメします。

暗闇だと気分も沈んでしまい、何が起こっているかも分からない状態になるので恐怖は強くなります。

こちらはスプーン1杯の水さえあれば1週間光続けると言う優れもののライト。

少しの光でも、あるのと無いのとでは安心感が違うので小型でも準備しておくといいですね!

最低限必要な防災グッズは?

あると便利な防災グッズをご紹介しましたが、最低限必要な防災グッズはどんな物を準備したらいいのでしょうか?

災害が起きて、72時間が勝負と言われています。救助が届きやすくなるのがこの時間で、3日間生き延びる為の備蓄をしておく事が重要です。

すぐに避難する際にまずもっていく物は

・飲料水(1人1.5L程度)
・非常食(缶詰、栄養補助食品など)
・ヘルメット
・軍手や手袋(破損物を動かす際など)
・携帯ラジオ
・電池
・現金(公衆電話用に10円、100円玉)
・家族の写真(避難場所で落ち合えるよう)
・簡易トイレ
・上着(特に冬場)
・ティッシュ
・ロープ(避難時に身体を支える用の太いもの)
・その他:筆記用具、身分証明書、ハンカチ、マスク、常備薬など

こちらです。余裕があれば、それ以上の食料や便利グッズを準備しておく事がオススメですね♪

赤ちゃん連れに安心の防災グッズは?

大人だけであれば最低限必要なものでもなんとかなるかもしれませんが、赤ちゃん連れとなるとまた変わってきます。

特にまだ母乳やミルクで育っている場合には、お母さんの災害によるストレスで母乳がでなくなったり、ミルクを温める事が出来ない場合もあります。

更に、皮膚が薄く敏感なので肌荒れを起こして最悪の場合ただれてしまう事もあるので注意が必要です。

赤ちゃん連れには、最低限

・液体ミルク
・使い捨て哺乳瓶
・おしりふき
・オムツ
・母子手帳、保険証
・バスタオルやブランケット
・肌着
・使い捨てスプーン(哺乳瓶が無い場合にスプーンで代用)

このくらいあると安心して過ごせます。更に、おもちゃなども余裕があれば入れてあげると、子供のストレスを少しでも和らげる事が出来るかもしれませんよ!

防災グッズのおすすめに関しての世間の声


いつくるか分からないのが自然災害。備えておく事に、無駄はないですね!

家族の人数にもよって変わってくるので、自分の家に合ったものを選んでみてください。また、防災グッズとあわせて地域の避難場所もよく確認し、家族内でもどこで待ち合わせるかなどを事前に話し合っていくようにしましょう♪