【人災?】熱海の土砂崩れの原因はメガソーラー?Twitterでソーラーパネルのために山を切り開いた事が土石流の原因ではと話題

2021年7月3日、大雨の影響で土砂崩れ(土石流)により、観光地でも有名な熱海市に深刻な被害が出てしまい話題になっています。

被害者も現時点で20人が安否不明な状態に。

そして、そんな中Twitter上では土砂崩れの原因はソーラーパネル設置のために山を切り開いた事が原因ではと話題になっています。


噂になっているソーラーパネル設置場所だと思われる、GOOGLEMAPはこちらです。

GOOGLEMAP では更新されていませんが、APPLEのマップではソーラーパネルの設置が確かに確認できます。

あくまで、噂になっているだけで今回の土砂崩れとの因果関係は確定したものではありませんが、静岡県函南町では以前からメガソーラー計画の反対の声が出ていました。 今回の土砂崩れにより、より多くの反対の声やメガソーラーの設置を不安視する声が出てきそうです。

函南町の軽井沢地区では太陽光パネル約10万枚が設置されるメガソーラーの建設が計画されていますが、環境や景観への影響を懸念し一部の住民が反対の声を上げています。 引用:テレビ静岡

いつもシェアありがとうございます!
目次
閉じる