朝ドラ「エール」の脚本家の交代(降板)理由はNHK演出家との対立か。林宏司さんの過去の代表作品や後任の脚本家についても

2020年前期のNHKの連続テレビ小説として放送予定の「エール」の脚本家が交代する事が報じられ大きな話題となっています。

今回、降板する事になったのは脚本家の林宏司さん。

過去に様々な大作ドラマなどの脚本を手掛けた、日本のテレビドラマの脚本家です。

交代・降板理由についてNHKとの対立が報道されていました。

朝ドラ「エール」の脚本家の交代(降板)理由はNHK演出家との対立か。

朝ドラ「エール」はすでに9月17日にクランクイン。撮影が行われています。朝ドラの脚本家が途中交代するのは極めて異例の事。

スポーツ報知の報道によると、林宏司さんが降板した理由はNHKの演出家との対立との事です。

テレビ関係者によると、クランクインしてからほどなく、林氏と同局の演出担当スタッフが方針の違いで対立。その後は早い段階で、同スタッフが脚本を執筆していたという。2人の関係は修復不可能な状態まで悪化。他の番組スタッフや出演者も2人の不仲を知るまでになり降板に至った。引用;スポーツ報知

NHK側のコメント

「制作上の都合」と説明。林氏の脚本での撮影が何話分済んでいるかなど「制作の過程の詳細については回答を差し控えさせていただきます」とし「撮影は当初の予定通り進んでいます」と交代による遅れなどは否定した。引用;スポーツ報知

林宏司さんのコメント

日本脚本家連盟によると、林氏は「次の作品に取りかかっておりますので、質問にはお答えしかねます。NHKさんにお聞き下さい」引用;スポーツ報知

林宏司さんについて

引用;wikipedia

林 宏司(はやし こうじ)は、日本のテレビドラマの脚本家。関西学院大学卒業。

代表作

  1. 『ハゲタカ』
  2. 『医龍-Team Medical Dragon- 』シリーズ
  3. 『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』
  4. 『BOSS』
  5. 『アイムホーム』等

後任の脚本家について

朝ドラ「エール」の脚本家の後任は、清水友佳子さん、嶋田うれ葉さん、番組スタッフが執筆するとの事。

清水友佳子さんについて

引用:wikipedia

清水友佳子(しみず ゆかこ、女性)は、日本の脚本家。東京都出身。フェリス女学院短期大学音楽科卒業。

ドラマ

  1. 「タンブリング」
  2. 「夜行観覧車」
  3. 「不機嫌な果実」
  4. 「リバース」
  5. 「わたし、定時で帰ります。」等

映画

  1. 「最終兵器彼女」
  2. 「手紙」
  3. 「イエスタデイズ」

嶋田うれ葉さんについて

引用:wikipedia

嶋田 うれ葉(しまだ うれは)は東京都出身の脚本家、小説家。早稲田大学卒業、5月11日生まれ。

ドラマ

  1. 「結婚式の前日に」
  2. 「僕は愛を証明しようと思う」
  3. 「世にも奇妙な物語」2019(人間の種)

映画

  1. キタキツネ物語-35周年リニューアル版-
  2. クジラの島の忘れもの
  3. 夕陽のあと

ネットの反応