【あおり運転】宮崎文夫容疑者の罪状は何で実刑判決はある?殺人未遂容疑の可能性も??

先日、高速道路での異常なあおり運転と、運転手への暴行事件で逮捕された宮崎文夫容疑者(43)。

公開された現場の動画を見る限り、衝撃的で日本中の話題にもる事件となりました。

無事に容疑者も逮捕されたわけですが、今回の逮捕容疑は「傷害罪」での逮捕。

これから更に罪状が加わる可能性があるとニュースでは報道されていますが実刑判決はあるのでしょうか?

今回は報道されている情報をまとめてみました。

宮崎文夫容疑者の罪状は何で実刑判決はある?

今回、宮崎容疑者が逮捕された罪状は「傷害罪」

運転手を殴打した事によるものがメインとされたのでしょう。

更に報道では、煽り運転は「暴行罪」が適用されているため、暴行容疑が加わり実刑判決される可能性もあるという事です。

弁護士の高橋裕樹氏は「警察庁は、あおり運転に暴行罪を適用しているため、今後暴行容疑が加わる可能性が高い。傷害罪の最高刑は懲役15年、暴行罪は同懲役2年とされるが、初犯の場合、被害者と示談が成立すれば実刑判決を免れる可能性もある」と指摘する。引用:zakzak

また、ANNニュースでは、更に様々な可能性が示唆されており、このような「殺人未遂」が適用される可能性もある。という報道が。

引用:ANN

殺人未遂の理由としては、高速道路に意図的に停車させた。という事にあるそうです。

記憶に新しい、あおり運転により亡くなられた夫婦がいた事件も踏まえ、その可能性を考慮すれば納得のできる所です。

その他に言われているのは、

  • 傷害罪
  • 暴行罪
  • 脅迫罪

初犯で示談が成立すれば、実刑判決を免れる事もあるという事ですが、状況からして実刑判決は確定的な事なのかもしれません。

傷害罪の最高刑は懲役15年、暴行罪は同懲役2年とされるが、初犯の場合、被害者と示談が成立すれば実刑判決を免れる可能性もある」と指摘する。引用:zakzak

また、報道では

「2017年に神奈川県の東名高速道路で発生したあおり運転で夫婦2人が死亡した事故では、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)罪が適用された。難しい判断だが、この判例を踏まえれば、今回も同罪が適用される可能性はある」「返却期限を大幅に超えてBMWを乗り回した件は、横領罪が適用される可能性もある」引用:zakzak

という事で、

  • 自動車運転処罰法違反
  • 横領罪

上記の可能性もあるという事です。

ANNニュース動画

ネットの反応