【編み物上手なイギリス人の金メダリスト】トーマス・デーリー選手が話題

Twitterで「編み物上手なイギリス人をフォローしていたら、東京オリンピックの金メダリストだった。」と言うエピソードを呟いた投稿が話題になっています。

話題になった投稿はこちら。

目次

トーマス・デーリー選手について

話題になった、編み物上手なイギリス人の金メダリストの名前は「トーマス・デーリー選手」

2021年7月26日に行われた東京五輪の種目、高飛び込みで金メダリストに輝いたトップアスリート。

また、登録者90万人を誇るyoutubeチャンネルでは東京オリンピックの選手村の様子を撮影・公開するなどでも話題になっています。

トーマス・デーリー選手は2013年にLGBT(ゲイ)であることをカミングアウト

トーマス・デーリー選手は2013年12月に自身が同性愛者であることをカミングアウト。多くの人達から支持を得ています。

東京オリンピックのインタビューでは、下記のように力強い言葉を語ってくれています。

「ゲイ男性であり、オリンピックチャンピオンであることは私にとっての誇りであり、そのことにとても力づけられます」

「以前は、自分は何者にもなれない、何も達成できないだろうと思っていましたが、今オリンピックチャンピオンになったことで、何だって達成できるということを示すことができたのです」

こちらの動画はP&G JAPANのGood is Gold動画のトーマスデーリー選手編。

トーマス選手の生い立ちや考え方が素敵な短編動画になっています。

[aside type=”normal”]【Good is Gold動画について】 P&Gでは、平等な世界は、すべての人々によってよりよい世界だと考えています。 P&Gは長期に渡ってオリンピックとパラリンピックをサポートするプログラムを実施しており、アスリートのサポートや、平等な機会とインクルーシブな世界の実現といった重要な課題に取り組んでいます。ドキュメンタリー動画の”Good is Gold”では、アリソン・フェリックス(米国、陸上競技)、トーマス・デーリー(英国、飛び込み)、ゼイナ・ナサール(ドイツ、ボクシング)、スカウト・バセット(米国、パラ陸上競技)の各選手の、心に響くストーリーと、愛をもって平等な世界を導くアスリートとしての彼らの圧倒的なパワーが描かれています。[/aside]

トーマス・デーリー選手のパートナー(夫)と息子

トーマスさんにはパートナーで夫の「ダスティン・ランス・ブラックさん」と3歳になる息子がいます。とても幸せそうな家族ですね。

この投稿をInstagramで見る

 

Tom Daley(@tomdaley)がシェアした投稿

トーマスさんが金メダルを獲得した瞬間のパートナーのダスティンさんのツイートです。

あわせて読みたい
伊藤美誠と水谷隼のエピソードがやばい泣ける!年の差幼馴染コンビの感動話 東京オリンピックの卓球・混合ダブルスで見事金メダルを勝ち取った「みまじゅんペア」こと、伊藤・水谷ペア。 二人の活躍に日本中が湧きました。 ここでは、二人の関係...
いつもシェアありがとうございます!
目次
閉じる