アハモフックの手口がひどい?ドコモが店頭でもahamoの相談を受け付ける理由は「ギガホ」誘導のため?

2021年3月26日に掲載された東洋経済オンラインのドコモの「アハモフック」と言う勧誘手法についての記事が話題になっています。

アハモフックとは

「アハモフック」と呼ばれているのは簡単に言えば、

お得なプランに見えるahamo(アハモ)を餌に、店頭(ドコモショップ)等に客をおびき寄せ、なんだかんだで高額のプラン「ギガホ」などに契約を誘導するようにNTTドコモが各代理店に指示していた手法の事のようです。

ahamo安い → でもオンラインでしか受付してない → ネットに詳しくない人はわからない → ドコモ「店頭で相談に乗るよ」 → ドコモ「今の内にドコモに乗り換えてた方がいいよ」「ギガホはどう?」

ahamoは、店頭では受け付けないオンライン専用ブランドなのに、出張販売や店頭でも事前の「相談」は受けてつけていました。その理由の1つが「アハモフック」のためだったのかもしれません。

ただ、auのオンライン専用ブランド「povo」でも代理店によるでしょうが、同じような手法で勧誘している所もあるようです。

高齢者などの「情報に疎い人」を巧みに誘導して、割高なプランを契約させる手法と言うのはドコモに限らず、以前からあり、それを軽減する意味でも単純明快なプランが出てきたと思いきや、今度はオンライン専用」と言う違った難解さで無駄な消費に誘導しようとする携帯会社にネットでは「景表法違反」がトレンドに上がり批判の声が多数出ている一方、「ビジネスとしては当然。契約する方が悪い」と言う意見も出て賛否両論になっています。

« »