7pay(セブンペイ)の不正利用の中国人の犯人が逮捕!国際的な犯罪グループの可能性が浮上。

セブンイレブンで利用できる電子決済サービス「7pay(セブンペイ)」の不正利用の事件について、7月4日に2人の中国国籍の男が逮捕された事が明らかになりました。

900人、5500万円あまりの不正利用が発覚した今回の大規模な事件。

大規模な国際的犯罪組織が裏にいる可能性が浮上してきました。

7pay(セブンペイ)の不正利用の中国人の犯人が逮捕!

「7pay(セブンペイ)」を不正に使用し20万円分の電子たばこを購入しようとしたとして、警視庁新宿署は4日、詐欺未遂の疑いで、いずれも中国籍の男で住所、職業不詳の張升容疑者(22)とワン・ユンフェイ容疑者(25)を逮捕した。

引用:livedoorNEWS(共同通信社)

報道によると、2人の容疑者が出会ったのはこの日が初めて。

店舗は新宿区のセブンイレブンで、

SNSにより指示を受けて、タバコを大量買いする行動に出たという事です。

2人の容疑者には、指示役から被害にあった人のIDとパスワードが伝えられていました。

今回逮捕された容疑者2人はいわゆる「捨て駒」的な要因で、背後に大規模な犯罪グループの影を感じずにはいられない所です。

【動画】7pay(セブンペイ)不正利用での記者会見の内容は?小林強社長の回答も話題に

2019年7月4日

7pay(セブンペイ)アプリでアカウント乗っ取りの不正利用のクレカ被害が続出!?対処方法は?

2019年7月3日

ネットの反応

シークちゃん
日本でこういう事があると大体、中国の名前が出てきますね

最新の話題