【24時間テレビ2019】チャリティパーソナリティーに浅田真央が決定!就任の理由やコメントも

2019年6月15日、「嵐にしやがれ」の放送内で「24時間テレビ(2019)」のチャリティーパーソナリティーに元フィギュアスケーターの浅田真央さんが決定したことが明らかになり、話題になっています。

24時間テレビのチャリティパーソナリティーとは言葉の通り、募金活動の中核を担う役目。

例年、資金支援を必要としている人や地域のリポートなどを行い1人でも多くの人に共感・行動を起こしてもらうことが求められ、人を選ぶ仕事とも言えるかもしれません。

そんなポジションに抜擢された浅田真央さんの、就任の経緯と世間の反応も見ていきます!

【24時間テレビ2019】浅田真央がチャリティパーソナリティーに!

チャリティーパーソナリティーに就任の理由

江成真二総合プロデューサーは「浅田さんは、私を含め日本中の皆さんがずっと昔からテレビで見ていて、『まるで家族のひとり』と感じてしまうような不思議な存在の方。そんな浅田さんこそ“日本中の人と人をつなぐ”今回の24時間テレビにぴったりではないか、とチャリティーパーソナリティーをお願いしました。これまで数々の感動を私たちにくれた浅田さんとともに、この夏視聴者の皆さんに爽やかな感動をお届けしたいと思ってます」と期待を語る。

浅田真央さんのコメント

まず、驚きました。すべてのことが初めてですので「私にできるかな?」と不安もありましたが、新しい令和という時代と共に、自分自身も新しいことにチャレンジしたいと思いましたし、24時間テレビで多くの人に喜んでもらえるようなチャリティーパーソナリティーを務めたいと思います。

・・・チャリティーパーソナリティーはもちろん、24時間テレビに(チャリティーパーソナリティーとして)出演すること自体が初めてで、私にとってはすべてが挑戦です。番組を通じて多くのことを学び、考え、人と人がつながるお手伝いができればうれしいです。楽しみながら、視聴者の皆さんに多くのメッセージが届くように精いっぱいがんばりたいと思います。

世間の反応


 

最新の話題